くら寿司のかにフェアでズワイガニを堪能してきた【3選】 | たんたんが好きなことをして人生を過ごす

くら寿司のかにフェアでズワイガニを堪能してきた【3選】

グルメ

どうも~、たんたんです!

新聞チラシを見るとくら寿司でかにフェアを開催します!

そんな新聞チラシを見てかにをどうしても食べたくてくら寿司へ行ってきました。

かに以外にもくら寿司で220円(税込)の寿司が増えてきました。

その220円(税込)の寿司も食べてきました。

  • ズワイガニの甘さ
  • 220円寿司のメニューが一気に増えた
  • 110円寿司でもまだ変わり種のメニューもあり

くら寿司のかにフェアでズワイガニを堪能してきた【3選】

今回のくら寿司のかにフェアは第4弾だそうです。

安定とした入荷ができて安価で食べれて何ともカニ好きにはありがたいです。

くら寿司|回転寿司| (kurasushi.co.jp)

ズワイガニの甘さ

私は特盛かににぎりかに二種にぎりだけ食べましたが、これ2皿でも存分に満足することができました。

くら寿司のかにフェアはかなりコスパも良くかにの甘み風味もしっかりと感じることができるのでかなりお得だと感じました。

特盛かににぎり(税込220円)

てんこ盛りのかにがなんとも見た目も豪華です!

くら寿司 特盛かににぎり

1皿にかにがてんこ盛りで食べれる満足さ。

かにの旨みを味わえる紅ズワイガニの身をふんだんに食べることができる贅沢さ。

これで1皿220円(税込)で食べれるというコスパの良さ!

この1皿でかにを存分に堪能できる一品でした。

かに二種にぎり(税込220円)

かに二種にぎりは生ズワイガニとかにの身ほぐしの2貫です。

くら寿司 かに二種にぎり

生ズワイガニはかにの甘さ風味があってかなりおいしかったです。

これはかに本来の味を堪能できるのでかなり食べて良かったです。

かにの身のほぐしはかにのホロホロとした身が味わうことができます。

これも1皿で220円(税込)で食べれるのはかなり高コスパだと感じました。

220円寿司のメニューが一気に増えた

かに以外にも寿司を食べたのですが、220円寿司がかなり増えておりました。

国産天然うすばはぎ(税込220円)

回転寿司ではかなり珍しいうすばはぎです。

氣になっていたので今回食べてみました。

くら寿司 国産天然うすばはぎ

うすばはぎはフグ目カワハギ科でおいしい魚らしいのですが、あまり知られていない魚ようです。

やや甘みがあって淡白な身で食べやすかったです。

フグ目もあってややコリコリ感はありましたが、ふぐほどではありませんでした。

【揚げたて】いか天にぎり(税込220円)

いか天にぎりが110円もアップしていましたが、いか天好きなので食べてみました。

くら寿司【揚げたて】いか天にぎり

揚げたてのてんぷらの衣がサクサクとしていていかもかなり柔らかくておいしかったです。

いか天にぎりは当時110円(税込)のときがありましたが、その価格が上がっただけであんまり変わらない氣がしました。

なのでコスパはかなり悪くなった氣がします….

【九州産】ひらまさ(税込220円)

ひらまさを見たけどはまちかんぱちに似ているので、食べてみようか思いました。

くら寿司【九州産】ひらまさ

ひらまさはスズキ目アジ科の魚でアジ科では最大の魚らしいです。

何でもブリよりも大きいものがあるそうです。

はまちよりかはコリコリ感は弱いです。

ひらまさははまちのようなコリコリ感があってかんぱちのような淡白やや甘みのある魚でした。

えび天にぎり(税込220円)

えび天にぎりまで220円(税込)となっていました~。

くら寿司 えび天にぎり

価格が上がったけど、えび好きなら食べるしかないと思い、食べてきました。

以前のえび天にぎりよりかは、えびの身がやや大きくてぷりぷり感がありました。

えび天はまっすぐにきれいな形で揚げられている率が多くなっていました。

ただ私が取ったえび天にぎりの尻尾がやや曲がっていました。

110円寿司でもまだ変わり種のメニューもあり

とろける海鮮軍艦(税込110円)

くら寿司では110円(税込)メニューがかなり少なくなって氣がしましたが、まだ変わり種を発見しました!

それがとろける海鮮軍艦です。

くら寿司 とろける海鮮軍艦

くら寿司の回転レーンではとろける海鮮軍艦が流れてきたときに高級魚を使用していますと記載されていました。

どんな高級魚かまでは記載されていませんでしたが、興味があったので食べてみました。

やまいもを硬くしたような食感で何の魚なのかまったく分かりませんでした…。

とろけるような食感はあったけど、おいしいとは思えませんでした。

塩だれ赤えび(税込110円)

またもや塩だれ赤えびという変わり種を発見しました。

くら寿司 塩だれ赤えび

通常の赤えびに比べると赤えびのこま切れでザクザク感が弱かったです。

塩だれよりかは普通に醤油で食べたほうがおいしいと思いました。

ただ「えび好きなら食べなきゃ!」という気持ちで食べてみました。

赤えび自体はやや甘みがあっておいしかったです。

やりいか(税込110円)

いかも好きなのでまだ110円(税込)だったので食べてみました。

くら寿司 やりいか

やりいかは身が柔らかくて甘みがあってかなりおいしかったです。

たんたん
たんたん

やりいかの身が光っていてかなりきれいですね~。

これでまだ110円(税込)で食べれるなんて高コスパで良かったです。

まとめ

くら寿司のかにフェアでズワイガニを堪能してきた【3選】を挙げてきました。

  • ズワイガニの甘さ
  • 220円寿司のメニューが一氣に増えた
  • 110円寿司でもまだ変わり種のメニューもあり

くら寿司のズワイガニは甘みがあってコスパも良くてかなり良いかにフェアでした。

生ズワイガニが特に甘みを存分に堪能できます。

220円(税込)メニューが一氣に増えてきました。

220円(税込)で変わり種のうすばはぎやひらまさを食べれるというのはかなりコスパが良いと思いました。

回転寿司で寿司を食べると必ずえび天やいか天を食べるのですが、110円アップしたので割高感を感じました。

110円でも変わり種があって頑張ってる感があって良かったです。

くら寿司のかにフェアがあれば、また食べに行きたいと思いました。

以上、参考になればうれしいです!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました