人見知りを克服したいなら人との関わりと願望欲が重要!3選 | たんたん流の趣味・健康の時間節約術

人見知りを克服したいなら人との関わりと願望欲が重要!3選

体験談

あなたの周囲には人見知りの人はいますか?

また「私、人見知りです」で悩んでいることはありませんか?

人見知りは大人でも克服できずに今を過ごしている人もいます。

そもそも人見知りは治すべきなのか、それとも治さないほうがいいのか迷っている人もいるでしょう。

人見知りは自分の性格の一種に近いため、なかなか治すことができません。

またどこまでが人見知りを克服できたかも人によって個人差があります。

たんたん
たんたん

記事を書いた人:たんたん

人見知り歴:20年

心理学が好きだったので、自称ライフカウンセラーを名乗っています。

克服できたかは微妙ですが、ひどかったときに比べればかなりマシになりました。

友達や知り合いからは人見知りとは思われていませんでした。

【克服の仕方】

人と多く接すること、いわゆる場数をこなす。

自分の人生なので我慢をせずに願望欲を伝える・行動する。

まずは友達から始めてみる。

今回は人見知りを克服したいなら人との関わりと願望欲が重要についての記事内容となっています。

人見知りについての心情や反動が私なりに考えてみたことを紹介しています。

こういう人見知りもいるのだと分かっていただけます。

また人見知りの克服の仕方について知ることができます。

私が考えうる人見知りの克服方法は人との関わりと願望欲があれば、自ずと克服できるようになります。

人見知りを克服したいなら人との関わりと願望欲が重要!3選

人見知りを克服したいなら人との関わりと願望欲が重要です。

人との関係を作ることで人見知りは克服ができます。

では、なぜ人見知りは起きるのでしょうか?

それは生きている限り人と関わるからです。

人見知りの心情としては

  • 自分に自信がない
  • 相手の反応が怖い
  • 初対面の人との会話だと頭が真っ白になる
  • 言葉遣いが氣になる
  • 会話の間である空白が怖い

上記の心理状態がかき乱れています。

こんな心理状態のなかでどうやって人見知りを克服するのかというと

けっきょく人との関わりが原因なので人との関わりでしか克服することができません。

その克服の仕方で必要なことは願望欲があれば、人見知りを克服しやすくなります。

  • 趣味の話が聞きたい&話したい
  • 趣味仲間が欲しい
  • 旅行がしたい

私は願望欲を持つことが一番重要だと考えています。

私の場合だと趣味の仲間が欲しいという願望欲があります。

相手の趣味の話を聞けば、その人の性格を知ることができます。

自分が好きな趣味を話しているとマイナスな部分を感じることがなく話せます。

その人と楽しい1日を過ごすように考えれば、人見知りをしている暇もなくなります。

大人になると友達を作るのは非常に難しくなります。

なぜなら話題づくりも人によって違うので、話が合うかを探りを入れながら話を進めていくからです。

このやりとが面倒だと感じると「ぼっち」が完成することになります。

ただ無理して仲間を作る必要もありませんが、やっぱり一人は淋しいものです…。

3つのポイント
  • 人見知りを克服する方法
  • 人見知りの心情を知る
  • 人見知りには反動がある

人見知りを克服する方法

人見知りは人と接することでしか克服することができません。

なぜなら人と接するからこそ人見知りが発生するからです。

端的に言うと「いかに場数をこなしていくか!」が重要です。

しかしどうやって人見知りを克服していくのでしょうか?

スモールステップをこなしていく

  1. 願望欲を持つ
  2. 挨拶をする
  3. 飲み会やご飯を食べに行く
  4. 仲間と旅行する
  5. コミュニティを作る

まずはスモールステップとしてこなしていくうちに自分に自信がついていきます。

願望欲を持つ

人見知りを克服するのに必要な願望欲を持つ必要があります。

最終的には「こうありたい!」をいう関係を想像してください。

それから私が考える願望欲とは

  • 趣味の話がしたい
  • 趣味友が欲しい
  • コミュニティに入りたい(を作りたい)
  • 楽しいことを一緒に共有したい

上記のような願望があれば、いかに計画して実行する必要があります。

挨拶をする

ファーストステップとしてはまずは近所、友達や職場の人に挨拶をすることです。

たんたん
たんたん

挨拶なんて簡単って思う人がいるかもしれません!

しかし挨拶は意外とできない、あるいはしない人はかなり多くいます。

友達と職場の人には挨拶ができても近所では言えない人もします。

ふだん挨拶していない人とって挨拶をするということは意外と勇気が入ります。

まず、ここで度胸試しが始まります。

飲み会やご飯を食べに行く

飲み会やご飯を食べに行くのはある程度の信頼関係がないと食べに行くことがありません。

また本音や何気ない会話が発生しやすいです。

心密度を上げるいいイベント事だと考えています。

興味のある人がいれば、思い切って誘ってみるといいでしょう!

仲間と旅行する

飲み会やご飯を食べに機会が増えていけば、次は仲間と旅行です。

旅行は私生活や相手の性格がよく分かるイベント事になります。

旅行へ行った話を昔話のように話をすることができます。

たんたん
たんたん

この段階まで行けば、もはや人見知りではない氣が…。

コミュニティを作る

趣味仲間としてLINEやFacebookグループでコミュニティを作ることです。

趣味の仲間は話が必ず盛り上がるので、人見知りをしているほど暇がありません!

ちなみに私はLINEグループではアニメ友達がいます。

Facebookグループでは一人の声優が好きで年に1~2回飲み会に参加しています。

ライブが始まるとツアーで何度も会うことがあります。

人見知りの心情を知る

人見知りの人の多くは自分の弱さ人の反応が怖いことが大半です。

もちろん人によってそれぞれ違いますが…。

私の場合の人見知り
  • 淋しがり屋
  • 自分に自信がない
  • 相手の反応が怖い
  • 初対面の人との会話だと頭が真っ白になる
  • 会話の間である空白が怖い

人見知りは淋しがり屋でもあります。

人と接していないと

  • 孤独感
  • 喪失感
  • ストレス発散ができない
  • 満足感を得ない

一人でランチをしても注文して・食べて・帰るだけという単純作業は孤独感を感じます。

孤独感が強くなりすぎると次第に人の声が恋しくなります。

孤独感と同様に喪失感も並行して感じます。

一人でやっても誰も答えてくれないため空しさを感じることです。

一人で好きなことをやっても満足感を得ることがありません。

やはり反応がないというのはつまらなく退屈です。

友達と会って「今日、こんなことがあった」という話をするだけで孤独感・喪失感が一氣に解消されます。

人と誰とも会わずにいるとストレスの発散をができません。

人と話す会話内容はくだらない話真面目な話といったなんでもない話題でも人と話すだけでストレスを発散してくれます。

親密関係が高ければ高いほどストレス解消の度合いが強くなります。

それほど安心感があるからだと感じているからです。

私の場合は自分に自信がなかったので、人見知りが強かったです。

自分に自信がないので相手が興味を持って話を聞いているのか不安な状態で接していました。

相手が聞き役に徹してしまうと何を話そうか出てこず頭がすぐに真っ白になります。

また相手の反応が怖いので間が空くと話が切り出せずに空白が続きます。

人見知りには反動がある

実は人見知りには反動があります。

それは何かというと人は誰でも

  • 人に好かれたい
  • チヤホヤされたい
  • 目立ちたい
  • 自分を変えたい

などという欲求があります。

そういう氣持ちが強く出てくると積極的な行動を取るようになります。

それはどんなことをするかというと芸能人や声優といった有名人になることです。

なぜなら芸能人や声優は幼少のころから人見知りの人が圧倒的に多いからです。

まとめ

人見知りを克服したいなら人との関わりと願望欲が重要!3選を挙げました。

3つのポイント
  • 人見知りを克服する方法
  • 人見知りの心情を知る
  • 人見知には反動がある

人は決して1人で生きていくことができません。

なぜなら生活すると何かしら必ず人との関わりがあるからです。

人見知りはすぐには治ることはありません。

しかしスモールステップとして課題をこないしていけば、少しずつ人見知りが解消していくようになります。

人生は一度きりで好きなことをせずに生きていくのをもったいないです。

自分の願望欲をいろいろと考えて、計画して、行動していくうちに人見知りは次第に克服できます。

最後まご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました