スシローの生本ずわい蟹はやっぱり生のかにがうまい!4選 | たんたんが好きなことをして人生を過ごす

スシローの生本ずわい蟹はやっぱり生のかにがうまい!4選

グルメ

12月に入ると冬の食べ物かにをやたら見かけると思います。

くら寿司やスシローの回転寿司でもかにフェアをやっています。

回転寿司やかにが大好きな人には待望の本ずわい蟹が食べれる季節となりました。

回転寿司のかにはおいしいのか疑問を感じると思います。

またかには高いのに回転寿司で手軽な価格で食べれるのかも氣になります。

回転寿司では寒い時期になると本ずわい蟹をやっています。

特に蟹フェアはくら寿司が毎年2~3回ほど開催されていました。

しかし今回はスシローでも本ずわい蟹フェアをやっていたので、スシロー好きかつかに好きにとっては期待感が募りました。

たんたん
たんたん

記事を書いた人:たんたん

スシロー歴:24年

好きな寿司メニュー:えび、蟹、ぶり(=はまち)、いか、茶碗蒸し

【スシローの特徴】

  • 人肌のシャリ
  • ネタがしっかりとしている
  • 茶碗蒸しは具材がたっぷりで味が少し濃い
  • 天ぷらの衣がサクサクというかざくざく

回転寿司は必ず行くほどスシロー好き。

スシローの本ずわい蟹、期間限定メニューと必ず食べるメニューについての記事の内容となっています。

かにといえばおいしいけど高くて手がない冬に食べ物です。

しかし回転寿司のかには1皿300円前後で食べることができます。

しかもスシローの本ずわい蟹となれば、おいしいはずという信頼感があります。

スシローの本ずわい蟹は大型で生で食べるずわい蟹はやっぱり甘みがあってボリュームがありました。

株式会社あきんどスシロー|TOP|回転寿司 (akindo-sushiro.co.jp)

くら寿司の蟹フェアで食べ記事を投稿しています。

スシローがかにフェが終わってから、くら寿司が第2回目のかにフェを開催しました。

スシローとくら寿司の本ずわい蟹を比較して記事として投稿しています。

スシローの生本ずわい蟹は大きくてボリュームがあった3選

スシローの生本ずわい蟹は蟹のジューシさやほのかな甘みがある。

大型生本ずわい蟹とあって大きくてボリュームのある蟹で食べごたえがある一貫。

スシローの生本ズワイガニを食べてみると生ならではのほのかな甘みを甘みを感じました。

また本ずわい蟹のジューシーさもあって蟹の旨みがありました。

大型生本ずわい蟹とあって食べごたえのあるボリューム感があって満足感を得ました。

蟹の身は柔らかくてホロホロした食感が「蟹を食べてます」を感じさせてくれます。

くら寿司の生本ずわい蟹と比べても甲乙つけがたいほどクオリティーが高かったです。

4つのポイント
  • 生本ずわい蟹が堪能できる一品
  • スシローの期間限定ネタ
  • スシローで食べる定番ネタ
  • またもやおとり広告なのか?

生本ずわい蟹が堪能できる一品

スシローの生本ずわい蟹キャンペーンでは

  • 大型生本ずわい蟹
  • 本ずわい蟹の茶碗蒸し
  • 本ずわい天と丸ずわいかに味噌和え
  • 丸ずわい蟹かに味噌和え
  • 丸ずわいかに松前漬け(※1)
  • 本ずわい蟹軍艦(※2)

があります。

私は大型生本ずわい蟹と本ずわい蟹の茶碗蒸しを食べました。

(※1)丸ズワイガニ松前漬けは公式のホームページでは掲載されています。

(※2)本ずわい蟹軍艦は定番メニューです。

大型生本ずわい蟹

大型生本ずわい蟹の価格は一貫で360円(税込)です。

スシロー 大型生本ずわい蟹

生本ズワイガニならではのほのかな甘みを甘みを感じました。

また本ずわい蟹のジューシーさもあって蟹の旨みもありました。

大型生本ずわい蟹とあって食べごたえのあるボリューム感があって満足感を得ました。

蟹の身は柔らかくてホロホロした食感が「蟹を食べてます」を感じさせてくれます。

くら寿司の生本ずわい蟹と比べても甲乙つけがたいほどクオリティーが高かったです。

本ずわい蟹の茶碗蒸し

本ずわい蟹の茶碗蒸しの価格は280円(税込)です。

スシロー 本ずわい蟹の茶碗蒸し

本ずわい蟹の茶碗蒸しのふたを開けると蟹爪が出ています。

茶碗蒸しの具材は蟹爪、ホタテ、かまぼこと鶏肉が入っています。

茶碗蒸しの出汁は濃くなくあっさりとしています。

スシロー 本ずわい蟹の茶碗蒸し

見た目は小さめな蟹爪ですが、しっかりとしゃぶりながら食べるほどの身は詰まっています。

茹で蟹のため蟹の身や出汁の味はほとんど感じることはありませんでした。

スシローの期間限定ネタ

蟹以外にも期間限定ネタがありました。

和牛さしとろ

和牛さしとろの価格は360円(税込)がなんと半額の180円(税込)で食べることができます。

11月30日~12月25日まで期間限定となっています。

手ぶれで写真でやや観にくと思いますが…。

スシロー 和牛さしとろ

スシローの公式ホームページでは掲載されていません。

スシローへ行かないと分からないメニューです。

和牛さしとろはレーン限定メニューではないので、注文で食べることができます。

スシロー 和牛さしとろ

和牛さしとろは脂身が少なくてあっさりと食べることができます。

また大きな和牛でボリュームがあって食べごたえがありました。

活〆寒ぶり

活〆寒ぶりの価格は120円(税込)です。

毎年この時期になるとはまちが寒ぶりに変わるので、ぶり好きにはうれしい季節となります。

スシロー 活〆寒ぶり

活〆寒ぶりは身はコリコリ感よりかは柔らかいです。

噛めば噛むほどの甘みを感じます。

私はスシローの寒ぶりが好きなので、この時期になるとスシローが良いが増えていくことになります。

鮮魚3貫盛り

鮮魚3貫盛りの価格は360円(税込)です。

くら寿司・かっぱ寿司やはま寿司は3貫盛りが普通にありました。

しかしスシローは価格改定前ではキャンペーン以外では3貫盛りはありませんでした。

ようやくスシローでも少食の方やいろんな寿司ネタが食べたい方にとってはうれしい3貫盛りが増えました。

スシロー 鮮魚3貫盛り

3貫盛りはやや大きめのカットされた寿司ネタはボリュームがあります。

サーモン・寒ぶり(=はまち)・鯛があって欲張りな方には人気な寿司ネタの3貫盛りです。

十勝産豚にぎり

十勝産豚にぎりの価格は180円(税込)です。

こちらもスシローの公式サイトのメニューに掲載されていません。

なので十勝産豚にぎりの名称かあっているか分かりません…。

スシロー 十勝産豚にぎり

十勝産豚はかなり柔らかくてまるで鳥のような食感でした。

脂身も控えめであっさりと食べることができます。

しかし噛むとほんのりと脂の旨みを感じます。

スシローで食べる定番ネタ

私はスシローへ行くと必ず食べる寿司があります。

えび天にぎり復活

えび天にぎりの価格は120円(税込)です。

スシローではえび天にぎりは一時休止していたことがありました。

今では定番メニューとして復活してくれました。

スシロー えび天にぎり

熱々のえび天にぎりは身のぷりぷり感があります。

スシローのえび天にぎりはやや身は硬めに感じます。

それはなぜかというとくら寿司・かっぱ寿司やはま寿司のえび天にぎりは身が柔らかすぎるからです。

軍艦甘えび復活

軍艦甘えびの価格は120円(税込)です。

こちらもえび天にぎりと同様一時休止していました。

軍艦甘えびは今では定番メニューとして復活してくれました。

スシロー 軍艦甘えび

甘えびの身が大きいのでボリュームがあります。

ぷりぷりとした甘えびは甘みがあって必ず食べるメニューです。

マヨネーズがまた甘えびの甘さを引き立ててくれています。

いか天にぎり

いか天にぎりの価格は120円(税込)です。

スシローが価格改定をしてからいか天にぎりが登場したと思います。

いか天にぎりも好きなので定番メニューとして継続してほしいです。

スシロー いか天にぎり

スシローのいか天にぎりはえび天にぎりと同様にやや身は硬めです。

それはなぜかというとくら寿司・かっぱ寿司やはま寿司のいか天にぎりは身が柔らかすぎるからです。

スシローのいか天にぎりはちくわ天を食べているかのような食感に近く感じました。

いか梅しそにぎり

いか梅しそにぎりの価格は280円(税込)です。

私はイカや梅が好きなのでどうしても氣になりました。

スシロー いか梅しそにぎり

いかは柔らかくて甘みを感じました。

しその風味があるけど梅は酸っぱさよりも甘みがありました。

甘みのある梅は好きではないので少し残念な寿司でした。

有明海産のりの鉄火巻

有明海産のりの鉄火巻きの価格は280円(税込)です。

こちらもスシローの公式サイトのメニューに掲載されていません。

なので十勝産豚にぎりの名称かあっているか分かりません…。

スシロー 有明海のり産鉄火巻

有明海産の海苔の風味はあまり感じませんでした。

しかし鉄火巻きとねぎとろも入っていてかなりコスパの良い鉄火巻で満足感がありました。

まぐろとねぎとろの食感を同時に感じることができます。

またもやおとり広告なのか?

スシローお得意なのか、やはり今回も準備中の寿司がありました。

  • 石狩味噌ラーメン
  • 剣先イカ

石狩味噌ラーメンはスシローの公式サイトのメニューでは掲載されていません。

スシローのレーンに11月16日~12月11日までやっているのですが、準備中となっていました。

剣先いかはスシローの公式サイトのメニューに掲載されているのに準備中となっていました。

剣先イカは食べたかったので、残念な感じでした。

まとめ

スシローの生本ずわい蟹はやっぱり生のかにがうまい!4選を挙げてきました。

4つのポイント
  • 生本ずわい蟹が堪能できる一貫
  • スシローの期間限定ネタ
  • スシローで食べる定番ネタ
  • またもやおとり広告なのか?

スシローの生本ずわい蟹は冬ならで食べれるお寿司なので満足感を感じました。

くら寿司の本ずわい蟹もクオリティーが高かったけど、さすがスシローも良かったです。

蟹が好きな人は完売次第終了なのでスシローで蟹をぜひ、召し上がってみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました