税務署の短期バイトの経験で確定申告は簡単にできる!5選 | たんたんが好きなことをして人生を過ごす

税務署の短期バイトの経験で確定申告は簡単にできる!5選

職歴

どうも~、たんたんです!

(追記)2022年10月29日に更新しています。

当時、税務署で確定申告書の作成補助として短期アルバイトをしていました。

(追記)私は税務署のバイトした経験を得たことで年に1回の確定申告をかかさずにしています。

(追記)知識さえあれば簡単に誰でも確定申告をすることができます。

こんな人におすすめ!
  • 毎年、確定申告をしないといけない
  • 税務署の短期バイトに興味がある
  • 給与所得者でも節税対策を知りたい

税務署の短期バイトの経験で確定申告は簡単にできる!5選

毎年、確定申告をしないといけない人にとってはかなり苦手意識を持っている人がいます。

(追記)また確定申告は年に1回なので忘れてしまう人もいるでしょう!

(追記)給与所得者の人は会社で年末調整をしてくれるので、確定申告は関係ないと思う人もいるかもしれません。

税務署の短期バイトの経験によって簡単に手間をかけずに確定申告書を作成することができる。

(追記)私たちは国や地方公共団体に税金を支払っているので、その使い道や税の仕組みを知り必要があります。

(追記)しかし苦手意識を持っている、年に一度のことだから、年末調整をしているという理由でできない人が多いです。

(追記)少しでも税金を安くする方法があるのにそれを知らない人も多い。

(追記)私の経験則からいえば税務署の短期アルバイトの仕事をすればいいと思っています。

(追記)仕事で税務署の職員や税理士に分からいないことはすぐに聞けるのでどんどん知識が付いてきます!

新人の税務署職員や税理士にも負けないぐらい短期間で実務経験や知識を得ることができます。

5つのポイント
  • 確定申告書の時期
  • 税務署の短期バイトの職務内容
  • 税務署の確定申告の補助者の業務内容
  • 税務知識が仕事で覚えるため非常に効率が良い
  • 給与所得者でもできる節税対策

確定申告書の時期

(追記)よくテレビ・新聞や街でもポスターで申告時期を見ることがあります。

1月中旬~2月14日までは慣れる期間で主に還付される人がメインとなります!

還付とは、税金を払いすぎた人に返金することをいいます。

だいたいの人は年金受給者が多いです。

毎年2月15日~3月15日まで

ただし2月15と3月15日が土・日・祝日だと日にちがズレます。

※2021年はコロナ禍とあって4月15日まで延長されていました…。

たんたん
たんたん

還付される場合は、基本的に申告期限がありません。

ただ申告しないと還付金がもらえない状態になるだけです。

税務署の短期バイトの職務内容

(追記)主な職務内容は、以下の通りです。

  • 確定申告時期の1月~3月まで期間
  • パソコンで所得税の確定申告書の作成の補助業務
  • 納税申告者に確定申告書の各控除ついての説明
  • 納税か還付になったことについての説明

税務署の確定申告の補助者の業務内容

(追記)主な業務は、パソコンでの入力がメインとなります。

(追記)基本的には納税者(=確定申告書の提出者)がパソコンを使って入力してもらいます。

  • パソコン操作の補助
  • 各項目の説明
  • 入力の補助

添付書類には源泉徴収票生命保険料ふるさと納税証明書などがあります。

※今年から源泉徴収表の添付義務がなくなりました

添付書類の印字された金額通りにパソコンで入力するだけで完成します。

入力するだけならすごく簡単です。

補助者の説明がないとパソコン操作のできない納税者がいます。

ほぼ一つ一つの項目に対して分かりやすく説明をすることになります。

たんたん
たんたん

たんに喋りたいからわざわざ来署される納税者もいますが…。

最後に入力し終わった後に納税あるいは還付になのかを説明して終了となります。

先ほどまで笑顔だった納税者が納税になった途端に激怒する人がいます。

税金泥棒という納税者がいるので納税になるといつもドキドキしながら仕事しないといけません。

税務知識が仕事で覚えるため非常に効率が良い

(追記)基本的な作業は入力するだけがメインです。

(追記)しかし実際には納得してもらえるように納税者に説明する必要があります。

短期アルバイトの仕事は納税申告者の確定申告書を作成・提出するまでの間をお手伝いする仕事。

(追記)慣れるまではかなり大変ですが、何人もの数をこなすため次第に簡単に思えるようになります。

最初は分からないことばかりです。

ひたすら税務署の職員や税理士の方に聞くためすぐさま知識をインプットすることができます。

教えてもらったことを納税申告者に説明するのでアウトプットにもすぐに使えて知識を保持できます。

(追記)聞き慣れない言葉が多いので苦手意識を持つ人や年に1回しか申告しないので忘れる人も多いのが現状です。

  • そもそも役所関連に行くのが苦手
  • 会社で年末調整してくれるからそもそも申告しに行く必要がない
  • 年1回しか申告しないのですぐに忘れる
  • ややこしいからやりたくない

確かに会社で年末調整をしてくれるため確定申告することがありません!

年に1回しか申告しないからすぐに忘れるし、ややこしいからやりたくない氣持ちもよく分かります。

毎年、確定申告をしているとわざわざ税務署へ行って提出するのはやはり面倒です。

(追記)しかし確定申告書の知識があれば、給与所得者でも少しの節税対策をすることができます。

(追記)しかも一度覚えた知識は一生忘れることなく使い続けることが最大のメリットです。

たんたん
たんたん

確定申告ができるっていうだけで「すごい」って言ってくれます!

給与所得者でもできる節税対策

(追記)給与所得者でも少しなら節税対策をすることができます。

納税額は把握していますか?

(追記)では、節税対策をする前にそもそも今年の納税額をご存知でしょうか?

(追記)だいたいの人は恐らく知らないでしょう!

(追記)年末調整をしても勝手に還付あるいは徴収されている程度で見てる人が多いです。

(追記)面倒な確定申告をしてまで納税額を把握する人もいないでしょう。

(追記)私は毎年確定申告をしているので国と地方公共団体からどんだけ税金が取られているのか知っています。

納税額を把握をしていないということは節税をすることもできません!

給与所得者でもできる節税対策

(追記)給与所得者でも少しなら節税対策できる方法があります。

  • 健康保険料
  • 国民健康保険
  • 国民年金保険料
  • ふるさと納税
  • 生命保険料
  • 医療費
  • セルフメディケーション

原則として給与所得の方は、ほとんど節税はできません

世帯主あるいは一緒に住んでいる状態なら家族分の上記の挙げた項目ならまとめて控除することができます!

家族の中で一番納税額が高い人に合わせて家族分まとめて控除するといった感じです。

たんたん
たんたん

節税効果が高いのは、社会保険料です!

なぜなら社会保険料に合算した合計額が控除の対象になるからです。

(追記)例えば大学生(=20歳)の子供のがいる場合だと親が国民年金を支払います。

(追記)その国民年金は親の社会保険料として合算して控除することができます。

(追記)そのため親の年末調整で税金が少し安くなります。

(追記)社会保険料以外にはふるさと納税・生命保険料・医療費やセルフメディケーションは控除額の上限が決められています。

そのため節税効果はかなり低くなります。

おまけ情報:短期バイトをするおすすめな時期

  • 高校生※
  • 大学生の入学した時
  • 大学生の卒業した時
  • 専業主婦(=主夫)

社会人になる前に基礎的な所得税(=確定申告)の知識があると税金に対して苦手意識がなくなります。

また専業主婦(=主夫)の方でも勉強がてらと思ってバイトしてみるといいかと思います。

たんたん
たんたん

確定申告をしているだけでなぜかすごい!って言ってもらえます(笑)。

※高校生が税務署の短期アルバイトができないところがあるかもしれません!

まとめ

(追記)税務署の短期バイトの経験で確定申告は簡単にできる!5選を挙げてきました。

5つのポイント
  • 確定申告書の時期
  • 税務署の短期バイトの職務内容
  • 税務署の確定申告の補助者の業務内容
  • 税務知識が仕事で覚えるため非常に効率が良い
  • 給与所得者でもできる節税対策

所得税の基礎知識は、税務署の短期アルバイトで実務経験を得ながら給料ももらえます。

税法はかなり難しいため苦手意識を持つ人が多いと思います。

しかし年の1回は必ず関わってきます。

自分で確定申告すること、年末調整をじっくり見つめ直してみると勉強になるのではないでしょうか!

(追記)少しの節税ができて税の知識や仕組みを理解することができるので、お得なバイトだとおすすめ致します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました