イオンの米粉やきそば麺はパスタのアルデンテに近い5選 | たんたんが好きなことをして人生を過ごす

イオンの米粉やきそば麺はパスタのアルデンテに近い5選

グルテンフリー

どうも~、たんたんです。

(追記)2022年11月13日に更新しています。

(追記)グルテンフリーをしている私なので小麦粉を使ったものが食べれません。

しかも私は麺類と粉ものが大好きす。

(追記)どうしても麺類が食べたくなって米粉の麺を探すようになりました。

前回の続きでイオンのTOPVALUの米粉シリーズ第3段のやきそば麺となります。

ようやくやきそばを食べることができました。

米粉麺でうどんやラーメンを食べて分かったことがありました。

米粉の強い特徴があることが分かりました。

そんな強い特徴のある米粉のやきそばは、どんな特徴があるのかご紹介させていただきます。

イオン TOPVALU お米でつくった米粉麺シリーズ

イオンの米粉やきそば麺はパスタのアルデンテに近い5選

(追記)私がイオンの米粉やきそば麺を食べた感想は

米粉のやきそば麺はパスタのアルデンテのようなコシが強くて硬い食感でした。

(追記)やきそば麺というかパスタといっていいほどのコシが強い、麺が硬いアルデンテに近い麺でした。

(追記)よって米粉麺でやきそばを食べたいなら、イオンの米粉のやきそば麺を使わない方がいいです。

(追記)どうしてもイオンの米粉麺を使うなら中華風麺をおすすめいたします。

では、米粉麺のやきそば麺の特徴について挙げていこうと思います。

5つのポイント
  • やきそば麺の特徴
  • 米粉麺の量
  • 実際に食べた料理
  • 米粉麺の特徴
  • パスタ麺に近いのでアレンジがしやすい

やきそば麺の特徴

最初の一口を入れたときに感じたことは、パスタのような食感でこれはやきそば麺ではないと感じました。

それはなぜかというとパスタのアルデンテの様な麺のコシがあったためでした。

オリーブオイルを入れて蒸しているので、麺のザラザラ感がかなり薄れていました。

ただ相変わらず小麦のようなツルツルとしてのどごしはありませんでした!

米粉麺の量

100gありますが、十分食べ応えがある量でした。

他の米粉麺シリーズより30g少ないのですが、どの麺の量も1人前としては満足のいく量でした。

たんたん
たんたん

どっちかというとやきそば麺は、量が多く感じました。

1人前を食べた後には、お腹がいっぱいになりました。

イオン TOPVALU お米でつくった米粉麺シリーズ

実際に食べた料理

実際の炒め方と少し変えて調理しています。

  1. まずはフライパンに水(200ml)とオリーブオイル(小さじ2)を入れます
  2. 沸騰すれば麺を入れて5分ほど蒸します
  3. 水が完全になくなれば、あらかじめ炒めた野菜・肉を入れる
  4. 塩・こしょう・ソースを適量入れる
  5. ソースの水分がなくなるまで炒めます
  6. 完成

やきそばはうどんやラーメンと違ってスープがないため麺の味は、濃くなく食べることができました。

今までの経験で米粉麺をゆでると麺の味が濃くなります。

おそらく米粉麺をゆでると米が溶けて出てくるのでしょう。

ただパスタを食べているかのような食感なのでやきそばを食べているという感じはまったくありませんでした。

スキレットでやきそば

今回はスキレットで実際に蒸す・炒めてみました。

アツアツで食べることができて満足しました。

米粉の特徴

米粉なのかたとえ冷えてもコシは強いまま食べることができます。

ちなみに米粉で天ぷらを食べると同じ事が起きます。

冷めてもサクサク感が残りました。

イオンTOPVALUの米粉やきそば麺の記載表示には、

  • 冷やし中華
  • つけ麺

冷やし中華とつけ麺もできるそうなので、次回はこの時期に食べたい冷やし中華を食べてみたいと思います。

パスタに近いのでアレンジがしやすい

食感はパスタ感覚になるので、味付けはパスタ料理なら何でも合うので、アレンジし放題です。

他のグルテンフリーのパスタに比べて159円(税込)で購入できるので家計も助かります。

またパスタに比べてゆでる時間が少なく済みます。

米粉やきそば麺の評価

(追記)私が実際にイオンの米粉の焼きそば麺を食べて感じたことを挙げていきます。

小麦粉との違い

米粉シリーズは、小麦粉の麺と違って麺のツルツル感がなく、ザラザラとした舌触りを感じます。

そのザラザラ感は、米粉特有の粘りが引き出したものではないかと思います。

たんたん
たんたん

この食感や舌触りが気になる方は、おすすめできないかも!?

五穀米やもち麦に似ているかもしれません。

残念だった思った点

(追記)まずは米粉のやきそばで残念だった思ったことは

  • やきそばではなくてパスタの食感
  • 作る手間がかかる
  • 糖質が多い

ここがどうしても気になる点として食感はもはややきそばではなくパスタです。

やきそばを食べたいと思っている人には、何とも裏切らた気持ちになります。

米粉シリーズとしては、蒸す・炒める時間がだいたい10分ほどかかるので、作る手間はどうしてもかかってしまいます。

たんたん
たんたん

パスタが苦手な人はおすすめできないかも!?

米粉麺の共通点としては、やはり糖質が多いです。

100gで57.9gも糖質があるので、糖尿病あるいは予備軍の人は食べれないと思います。

個人的には、米粉麺と食べてもそんなに糖質が入っているのか感じることはないのですが・・・。

良かった点

  • 炒めた麺が食べれたこと
  • 満足感がある量
  • 麺に味がある

やはり一番良かった点でいうとグルテンフリーをしていても麺類が食べれたことです。

私は関西人なので定期的に粉ものが食べたくなります。

無性に粉ものを食べたくなるので「ようやく食べれた!」という喜びでいっぱいでした。

100gでも満腹感を感じるのでコスパが良く感じました。

お米の味がわずかに感じることができるので、塩・コショウ・ソースが少し薄くても氣にならなかったです。

まとめ

(追記)イオンの米粉やきそば麺はパスタのアルデンテに近い5選を挙げてきました。

5つのポイント
  • やきそば麺の特徴
  • 米粉麺の量
  • 実際に食べた料理
  • 米粉麺の特徴
  • パスタ麺に近いのでアレンジがしやすい

米粉のやきそば麺は小麦のようなやきそば感がありません。

どちらかというとパスタに近い食感でした。

米粉シリーズのなかでやきそばは、作る時間が10分ほどかかってしまい手軽に作れないです。

しかしやきそば麺の特徴はパスタのアルデンテのような強いコシがあるので、パスタソースによく合うと思います。

米粉麺を米の粘りでザラザラとした舌触りはまるで五穀米やもち麦を食べているような食感でした。

ほんのわずかの舌触りなので、氣にならない人もいるかもしれません。

また強いコシなので煮込み・鍋に合いそうです。

米粉麺は糖質が100gで57.9gも糖質があります。

したがって糖尿病あるいは予備軍の人は食べれないです。

たんたん
たんたん

実際に米粉麺を食べていますが、そんなに糖質が多いのか感じることはありません。

ただ、ごはんを食べたかのような満腹感と糖質を取り過ぎて眠気に襲われることがあります!

(追記)グルテンフリーをしている人は、一回はイオンの米粉麺を召し上がってみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました